#2.業績マネジメント

勝てる組織作りにおいてはKPIマネジメント、ナレッジマネジメント、商談同行など様々な取り組みが実績に繋がっているか因果関係に目を光らせておく必要があります。営業現場で想定されるケースを盛り込んだ問いを集約しています。

#2.業績マネジメント

営業同行が下手なミドルマネジメント層の特徴とは?

ミドルマネジメント層の重要なミッションの一つに営業同行があります。営業マン時代の商談とは全く別物であると認識しておくことが大切です。営業同行の最大のミッションは目標・ゴールを握ること、マネジメント層であっても準備と練習が必要です。
#2.業績マネジメント

カッツ理論から学ぶ ミドルマネジメント層に求められる抽象化能力とは?

カッツ理論(カッツ・モデル)から学ぶ、ミドルマネジメント層の抽象化能力の基準について。トップマネジメント層の抽象度の高い戦略をかみ砕いて伝える力と、具体的なミッションに落とし込んで推進する力が両利きで求められます。
#2.業績マネジメント

ナレッジマネジメントの本質とは?

本質的なナレッジマネジメントには、プロセスの分解とボトルネックを解消が必要になります。最も重要なことはアウトプットされたナレッジの活用徹底。ナレッジの活用と成果の因果関係を現場で徹底検証することがナレッジマネジメント成功の鍵になります。
#2.業績マネジメント

KPIマネジメントの落とし穴とは?

KPIマネジメントは適切なプロセス分解と可視化、評価基準設定があってこそ力を発揮します。KPI達成=業績UPとは限りません。要因分析できる範囲でプロセス分解することと、可視化のための入力負荷を最小限にしながら徹底させること。そして設定したKPIの確からしさを疑い磨き込むことで業績アップに繋がってくるはずです。