#1.人材マネジメント

勝てる組織作りにおいては人材育成、採用、モチベーション理解など様々なアジェンダに対して、自分なりの解釈を持っておく必要があります。実践で想定されるケースを盛り込んだ問いを集約しています。

#1.人材マネジメント

コルブの経験学習モデルから学ぶ:育成における重要な問いの質とは?

勝手に成長するメンバーとそうでないメンバーの違いは抽象化能力(概念化能力)の有無にあります。シンプルに表現すると地頭の差ではありますが、これを紐解くマネジメント側のフレームとして、コルブの経験学習モデルが非常に役に立ちます。
#1.人材マネジメント

スタンスの良し悪しを測る基準とは?

マネジメント現場でよく語られるスキルとスタンスの評価。特にスタンスは捉え方が様々で評価が俗人的になりがちです。要素を分解することで判断基準を作ればコミュニケーションが円滑になります。言葉の定義を揃えることで、指導や育成の機会にすることが大切です。
#1.人材マネジメント

マズローの欲求5段階から学ぶ、新任マネージャーが陥りやすい失敗とは?

おつかれさまです、鬼部長です。マズローの欲求5段階はどこかで聞いたことがあると思います。アメリカの心理学者アブラハム・マズローが説いた自己実現論です。4月スタートの企業ですと、おおよそ四半期が終わりかけのタイミング。新任マネージャーからの悩...
#1.人材マネジメント

地頭の良さを採用面接で見抜くためには?

地頭の良さを採用面接で見抜くためには、地頭とは何かを分解して理解する必要があります。好奇心×試行錯誤の数=地頭と定義するのが分かりやすいのではないかと思います。地頭は思考体力のポテンシャル。面接の段階で見抜くことが出来れば活躍人材を獲得できる可能性が高まります。